会社員の悩み

仕事がつまらない!辞めたいと思っている方必見【つまらない理由と対処法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1.仕事がつまらないのは当たり前【日本人の2人に1人はつまらないと感じている】

前提として「仕事がつまらない」と感じるのは一般的な感覚です。

各種のアンケートによると半数近くはつまらないと感じています。

参考:仕事は楽しいですか? | マイナビニュース

参考:サラリーマンの85%が「仕事がつまらない」――はけ口を求め迷走する人たち | 日刊SPA

では、なぜ仕事がつまらないと感じるか?をまとめてみました。

2.仕事がつまらない理由とは?

今、勤めている会社や業種、職種に原因があるケースもありますが、そうではないことの方が多いです。

(1)仕事が簡単すぎるから

今、担当している仕事に対して「楽、ルーティンワーク、単純作業、雑用」という感情を抱いている人はつまらないと感じがちです。

簡単な仕事は考えずにできるので思考を0にしても遂行可能です。楽だけど適度な変化や成長、刺激がないのでつまらないという感情を抱きます。

(2)仕事が難しすぎる or 適性がない

仕事が難しすぎたり、適性がないのも仕事がつまらないと感じる理由の一つです。結果が出ないとほぼ同義でもあります。

結果が出ないことによって「難しい→結果が出ない→向いてないのではないか?→疑心暗鬼になる→行動が止まる→結果が出ない→つまらない」という負のサイクルに陥りがちです。

(1)(2)から仕事が面白いと感じるかは適度な難易度設定が肝になっています。

【できる 60% :できない 40%】が適度な難易度のイメージです。

難易度が高い仕事も自分の能力をアップさせることによってクリアすることもできますが、今までの経験(マネジメント 2社で経験)から言うと適度な難易度を上司が設定できるか否かの方が部下が「仕事を面白いと感じるか、そうではないと感じるか?」を左右します。

(3)上司や周りから評価されない、怒られる

(1)(2)は内的要因でしたが(3)からは外的要因になります。

例え、仕事が出来ていたとしても上司や周りからの適切な評価が得られないとつまらないと感じやすくなります。

人によって承認欲求の差はあるものの「全く承認されない」若しくは「適切に承認されない」とどんどんやる気が減退していきます。

『どうせ結果だしても一緒でしょ…』という状態です。

(4)給料が低いなど待遇が悪い

仕事自体が面白かったとしても、給料が低いと次第につまらなくなりがちです。

(5)やりがいも興味もない仕事をやらされている

新卒の配属後や部署異動後に発生しやすいのがやりがいを感じないという点です。

大体は思い描いていた理想と現実とのギャップが発生することによって発生する感情です。

 

【補足:仕事がつまらないの図】

仕事には基本的なステップがあります。

同じ仕事であってもステップによってつまらないと感じるので、その点について説明します。

同じ仕事でも難易度が高い初期の段階では「難しい、できない、向いていない」という感情が先行しがちなので結果的に「つまらない」という感情になりやすいです。

※新入社員をはじめとした1〜3年目など若手社員がぶち当たりやすい壁と言えます。

また、最初から誰でもできる難易度が低いルーティンワークやマニュアル仕事をやることも仕事がつまらないと感じる理由に該当します。

 

次に単純なことではありますが、仕事ができる+結果が出るようになると「面白い、楽しい!」という感情になりやすいです。

これは小さい子どもができないことができるようになった状態と一緒です。

しかし、「面白い、楽しい」という感情は一時のものです。

教えられるレベルになれば、【仕事ができる=当たり前】のことになるので「面白い、楽しい」という感情は薄まっていきます。

以上のことから、仕事が面白いと感じるのは仕事ができる、結果が出るようになった時と言うことができます。

3.仕事がつまらない時の対処法

【今の職場で解決する方法】

(1)割り切る、耐える

解決策にはなっていませんが『仕事がつまらない、楽しくないと2人に1人は感じてるから給料を我慢料だと思って適度にがんばろ』と割り切るのも1つです。

(2)仕事を面白くする工夫

◼︎仕事が楽すぎてつまらない時の工夫

今やってる仕事を他の人がやれる状態にする。

先ほど説明したように仕事は【できない→できる→教えられる→仕組み化 or 自動化】の流れで進んでいきます。

楽すぎてつまらないは【できる or 教えられる】

ステージにいることを意味します。

できる or 教えられる仕事を長期的にやっていると一層つまらなくなるので仕組み化や自動化によって他の人でも遂行可能な状態にして、上司に他の仕事をしたい旨を交渉しましょう。

◼︎仕事が難しすぎてつまらない時の工夫

上司に相談して解決の糸口を探る or 目標設定の変更を打診してみる。

仕事が難しすぎる場合は素直に上司に相談してみることをお勧めします。

捻くれた上司でなければ難易度の調整や難易度を変えずに達成するヒントやコツをアドバイスしてれるでしょう。

相談しても具体的な検討を上司がしなければ、その上司のもとで働いても成長は難しいので転職も含めて考えてみましょう。

◼︎面白くするテクニック=ゲーム化🎮

仕事が簡単でつまらない時は仕事を作業と捉えるのではなく「ゲーム化」するのが面白くするコツです。

【ゲーム化の例】

・タイムアタック

・個人戦

・チーム戦

+α   インセンティブ制

上記が仕事のゲーム化例です。

タイムアタックであれば担当業務のスピードを毎回計測して最速タイムを目指します。

また個人戦、チーム戦であれば同じ仕事をしている人たちを巻き込んでタイムや成果を勝負します。

ゲーム化する時のコツは適度なインセンティブ=報酬 or 罰をつけることです。

インセンティブや罰は簡単なもので良くて、ジュース、お菓子、お昼を奢る、掃除当番の変更程度です。

※あまり過度なものになると社内トラブルの元になってくるので適度な節度をもって負担なく簡単に楽しめる範囲でやりましょう。

 

(3)環境を変える

【今の職場外で解決する方法】

①異動

難易度が高く、期間もかかりますが異動も1つの手段です。

今やっている仕事を絶対に変えることができないという場合に検討してみましょう。

ある程度の企業規模になれば異動願いがありますし、中小規模の職場であっても「理解がある上司」であれば真摯に受け止めてくれます。

※足の引っ張り合いが常態化している職場では異動願いは逆効果になるのでやめておきましょう。

②転職

即効性があるのは転職です。

今いる会社に見切りをつけているのてあれば早い段階で転職を検討してみましょう。

③副業

仕事が簡単、楽なとき限定ではありますが今の仕事がつまらないことは割り切って副業に力を入れるのも有効な手段です。

『副業禁止だから私には無理だ…』と思う方もいるでしょうが、先ずは規程は気にせずに結果が出るかチャレンジすることをおすすめします。

※単純な肉体労働や時間給系の労働はおすすめしません。

④起業

難易度は高いですが、勤めつつ起業というのも1つの手段です。

4.まとめ

■仕事がつまらない理由

仕事がつまらない理由は以下の5つに分けられます。

①簡単すぎる

②難しい、向いてない

③評価されない、怒られる

④給料が低い

⑤やりがいがない

■仕事が面白い状態の作り方

『仕事がつまらない…』と思っているだけでも状況は好転しないので、自力で面白い状態を作ってみましょう。

面白い状態の作り方は以下を参考にしてください。

①適度な難易度

【出来そう 60:40 出来ないかも】

②結果を出せる

出来ないことはつまらないです、適度な難易度の課題をクリアするからこそ楽しいという感情が生まれます。

③ゲーム感覚

仕事だけどゲーム感覚で取り組めると面白くなりやすいです。

ゲーム感覚はある意味で「客観的」な状態でもあるので、無駄なストレスを溜めることもなく仕事を遂行できます。

④コントローラブル

ある程度、権限がある状態を言います。

できる上司は部下の権限コントロールが非常に上手いです。

人はやらされ感や強制をされるとやる気をなくしがちですが、自分でやっている感があると前向きに仕事を進められます。

以上が仕事がつまらない理由と対処法でした。

1st 今いる環境で対策

2nd 環境を変える

上記のステップで仕事を面白くしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください