悩み解決

転職する時の会社の辞め方|意外と社会は狭いです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の対象の方

・すぐにでも会社を辞めたいと考えている方

・初めて会社を退職する方

・会社の辞め方がわからない方

1.会社を辞める時の注意点を一言で言うと

「立つ鳥跡を濁さず」

この言葉が会社を辞める時の全てを語っています。

本記事では跡を濁さずに円満に会社を辞める基本的な方法について説明しています。

2.会社を辞める時の基本ルールと手順

一般的な就業規則:1ヶ月前までに伝える

民法上の根拠:14日前までに伝える

一般的な就業規則だと退職の意思は「退職の1ヶ月前」民法では「解約の申入れの日から二週間を経過=14日前」と定められいます。

あくまでも規定や法律上で決まっている事なので、一般的には会社に迷惑がかからない期間を考えて退職の申し出を行います。

一般社員レベルだと1ヶ月前から3ヶ月前、管理職だと3ヶ月から1年前くらいが一般的でしょう。

属人化している人に関しては立場に関わらず、属人化している業務のマニュアル化や採用、引き継ぎを終わらせてから辞める事が望ましいでしょう。

※属人化している理由が会社に起因する場合はあなたの責任ではないので一般的な期間で申入れをしれも全く問題ないです。だって会社の責任ですからね

3.会社を辞める理由の言い方、伝え方

間違っても「お前らのせいで辞めるんだ!」とは言わないようにしてください。

一般的に用いられるのは「一身上の都合」ですが、掘り下げられる事がほとんどなのでその時の答え方としてよく用いられるのは

・健康上の理由

・自身の業務能力上の理由

・業務能力を更にアップしたい

・家庭の事情

などが一般的です。

特に「健康上の理由」「家庭の事情」はあまり掘り下げられない理由なので結構すんなり辞めらえる事が多いです。

更に伝える時は事前に転職先の内定を確保しておく事が重要です。

転職先が決まっていない状態で退職の申し出をすると結構な確率で引き止めにあいます。

「転職先が決まっている+一般的な退職理由」

を元に退職の意思を伝えましょう。

4.うつなど病気に疑いがある時は速攻で辞める「後を濁しても全然OK」

今までは一般的な話をしましたが、うつなど病気を理由に退職する場合は速攻で辞めてもOKです。

健康第一です。

金銭的に不安がある方や次が決まっていない方は「傷病手当金」を申請するのもありです。

 

※無責任な事は書けないので支給条件などはこちらのサイトをご覧ください。

病気やケガで会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

5.まとめ

まとめると会社を辞める時は「すぐにでも辞めたい!」という気持ちをぐっと堪えて適切な手順で辞める事をおすすめします。

世間は狭いので退職したとしても、仕事のやりとりをしたり、一緒に働く事もあります。

でも、病気の疑いがあるような時は無理せずにケースに応じた辞め方をしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください