新入社員の仕事攻略法

社会人1年目が会社で生き抜く処世術【4つの大事なコト】を欠かさずやるだけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事の対象の方

・社会人1年目の方

・これから働き始める方

・なかなか会社で結果が出ていない方

・昔から続いている大企業で働いている方

※本記事の一部はベンチャー企業では効果が半減もしくはマイナスするのが注意が必要です。

1.仕事ができないときは「4つの大事なコト」だけ覚える!やる!

結論、仕事ができない時は下記「4つの大事なコト」を徹底的に覚えて実践することが会社の中で生き残る為に重要かつ必要になります。

「4つの大事なコト」

■挨拶

■聴く

■褒める

■付き合い

仕事がまだできない社会人1年目の時は、とにかく結果を出す為にスキルや能力UPを優先して「4つの大事なコト」をおろそかにしがちです。

結果を出す為にスキルを高めることは重要ですが、それ以上に一定規模以上の会社に勤める会社員は結果を出せる環境にすることが重要なのです。

結果を出せる環境とは「職場の上司や周囲の人があなたに協力的でバックアップしてくれる状況」を意味しており、「4つの大事なコト」を実践すると自然と結果を出せる環境を構築できます。

※組織の中で結果を出す為には周囲の理解と協力が必要です。

2.「4つの大事なコト」のやり方と効果

『「挨拶」「聴く」「褒める」「付き合い」のやり方なんか知ってるよ!』と言われそうですが、念のため記載します。

(1)挨拶

出社時の『おはようございます』退社時に『お先に失礼します』を相手に聞こえる声でするだけ。

ポイントは2つです。

■相手が無視、反応していなくてもやり続ける

■他の部署の人にもする

バカにするなと思われそうですが継続すると「いつも挨拶をしてくれる◯◯さん」というプラスのイメージがあなたにつくので他の部署との協働プロジェクトなんかもすんなり入れるようになります。

社内を見渡すとわかりますが挨拶しない人は結構多いのでそれだけも印象が違います。

※間違っても馬鹿でかい声で挨拶をするような空気の読めないことはしないでください。

※またベンチャー企業には挨拶文化がないところもあるので注意が必要です。

(2)聴く

聴くは2種類「能動的な質問」「受動的なヒアリング」に分けられます。

それぞれの重要点について説明します。

①能動的な質問

わからないこと、確認が必要なことが発生したら即時、聴きに行きます。

ポイントは「即時」です

新社会人がやりがちなのが、自分で考え込んで聴きに行かなかったり、聴きに行くのが遅れることです。

「聴く」というアクションをするだけで、上司など一緒にする人はあなたの仕事の状況を正確に把握できるので安心感が高まります。

逆に聴きにいかない、報告しない人は『こいつなんで聴きにこないんだよ』と思われている可能性大です。

※注意点:ググってわかることは先にググりましょう。

②受動的なヒアリング

受動的なヒアリングとは教えてもらう、指示を受ける時の「聴く」です。

ポイントは「話の腰を折らない」「最後に確認の質問をする」の2点です。

途中で『こういうことですよね』みたいな感じで先回りするのを嫌う人は結構します。

話の合間もしくは質問を求められるタイミングまでは我慢しましょう。

また、聴いただけで終わるのもよくありません。聴いたら相手の言ったことを理解していることを示す為に「先ほど説明いただきました◯◯って△△という認識であってますか?」など確認をします。

万が一、合っていなくても正しい回答が得られますし、合っていれば相手に理解していると伝えられるのでメリットがあります。

※ここではキクを「聞く」ではなく「聴く」と表現しています。理由は「聞く」は受動的であり「聴く」は能動的な意味があるからです。ビジネスにおいてキクは「聴く」である点を頭に入れておいてください。

(3)褒める

褒めるのは聴くと同時に行うことが多いです。

ポイントは「具体的に褒める」です。

ただ単に褒めると『こいつバカにしてるのか?』と思われかねないのでこの点は注意しましょう。

(4)付き合い

飲み会などの付き合いに行きましょう!ってだけです。

嫌いな人も多いかと思いますが、昔ながらの企業は飲み会を文化として大切にしているので行かないと干されたりします。

3.結果を継続的に出したら付き合いは徐々に減らしてもOK

「4つの大事なコト」は社会人1年目などに大切になりますが徐々に相対的な重要度は下がっていきます。

理由は入社年次が上がっていくとより結果が重要になるからです。

だからといって、結果さえ出していればなんでも許される訳ではないので(1)挨拶から(3)褒めるは適度に続けつつ(4)の付き合いだけ少なくしていくことをオススメします。

4.まとめ

社会人1年目で結果が出ていない人は給料以上の利益を出せるようになるまでは、権利を主張せず、「4つの大事なコト」を実践しましょう。

「4つの大事なコト」

■挨拶

■聴く

■褒める

■付き合い

非常に簡単ではありますが、思った以上に効果があるので是非とも試してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください