転職の選考対策

【転職活動】中途採用のSPI試験って重要なの?落ちることもあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんな方が対象です

・中途採用試験でSPIを受ける事になった方

・社会人になってからSPIを受けていない方

結論、転職活動において「SPI試験は重要で落ちる事もあります」

※私は2回目の転職活動の時に対策せずに受験して落ちました…

本記事では私のように落ちる方を減らす事を目的に「中途採用のSPIとは何か?」「どのような対策をすれば落ちずに済むか?」を説明しています。

1.SPIは大手・中小問わず中途採用試験で実施される事が多い

SPIはリクルートが日本で初めて採用を目的として作った適性検査であり、中途採用だと年間5,800社が利用しています。

また、大企業や上場企業が利用しているだけではなく、中小企業も多数利用しています。

引用元:SPI3公式サイト│リクルートの適性検査

その為、転職活動中の方は必ずと言っていいほど受ける事になります。

新卒との違いは合格ラインが高くない事ですが、対策は必須です。

以前の転職の際に担当エージェントや面接官から聞いた話だと『転職の場合よっぽど点数が酷くなく検査基準に引っかからなければ大体は通します』と言っていました。

2.SPI対策をすれば問題なし、対策なしだとボロボロ

SPI3の問題は解き方がある程度、決まっているので練習をすれば基準点に達する事ができます。

しかし、練習をしなければボロボロの結果になるでしょう。

※特に非言語はボロボロになります。私が悪い例です。

3.SPIの特徴/種類と対策/練習方法

(1)中途採用のSPIはSPI3-Gという種類が大半

①試験内容

SPI3-Gは性格検査と基礎能力検査の2つがあります。

性格検査は「嘘ついちゃダメ」「一貫性のある答え方をする」などの傾向だけ把握しておけば、それほど対策をしないでも大丈夫です。

その反面、基礎能力検査は非言語と言われる数的処理問題が出るので、事前に対策をしておかないと痛い目にあいます。

②受験場所

テストセンター、会社、WEBなどがありますが、WEBで受験する事が多かったです、

『WEBだったら、ずるできるじゃんラッキー』と考える方もいるかもしれませんが、ずるできるような時間はないです。

その点、良くできている試験だなと関心してしまいます。

(2)アプリでも対策できるけど…

SPI対策のアプリは無料で複数出ています。

アプリを対策に使うのは良いですが本番の形式とは異なるので、アプリだけに頼り切るのはやめましょう。

どんな問題が出るのかを把握する程度に使うと良いでしょう。

(3)企業によって重要度(合格ライン)は変わります

合格ラインは企業によって変わります。

社員の学歴や基礎能力が高い会社だと、基準点も高く設定されている事が多いです。

逆に中小企業やベンチャー企業だと能力検査の点数はあまり参考にされず、性格検査の内容を選考に使うケースが多いです。

大手企業や上場企業でSPI試験を受ける時は基準点が高い傾向にありますので、万全の対策を行ってから受験するようにしましょう。

(4)難易度はどのくらい?

難易度は決して「高く」はないです。

一般的にSPIの非言語は【小学校高学年の算数から中学生の数学】程度のレベルと言われています。

でも、社会人にとって忘れてしまっているものばかりなので、難易度が高いように感じてしまうという構造になっています。

だから、事前に対策をして「思い出す」事が重要なのです。

(5)適切な練習量は?問題集は何が良い?

練習量としては…

・最低限1回は全問題を解き

・重要度が高い問題だけ2回解く

のが良いでしょう。

私は問題集として下記の本を使いました。

・史上最強の転職者用SPIよくでる問題集 正社員登用試験にも役立つ

出版が古いですが対策は十分できました。本書を使って対策をした後はSPIの通過率100%です。

出版が古く心配な方は出版日が新しく、人気が高いこちらをおすすめします。

・転職者用SPI3攻略問題集改訂2版 テストセンター・SPI3-G対応

 

4.まとめ

中途採用でもSPI3は非常に重要な試験です。

最低限すべき事をまとめたので対策をして万全の状態で試験に臨みましょう。

・本1冊は最低対策をすべき
・本番はスピード重視(何かを見てる暇はない)
・非言語は練習あるのみ
・性格検査は無理に嘘をつかない事

▼一次面接対策記事▼

【面接対策】一次面接で落とされない為には?

▼最終面接対策記事▼

【半数が落ちる転職の最終面接】合格率を8,9割に上げる対策方法とは?

 

【補足】まだ選考中企業のストックはありますか?

SPI試験を受ける現段階で、「1つの転職サイト」若しくは「1つのエージェント」だけで転職活動を進めているのであれば最低もう1サービスは登録したほうがいいです。

なぜなら、選考が進むと書類選考を通過をしている企業が少なくなり気持ちの余裕がなくなってくるからです。

他のサービスに登録しておき求人を確保(※転職エージェントであれば面談だけして、求人ストックを確保)しておけば、今の転職サービスで選考中企業が少なくなっても詰むことないです。

※わたしも過去の転職活動時に選考中企業が少なくなっていくことに少なからず危機感は感じていました。

※複数サービスを登録し選考時期を微妙にずらすのもテクニックの一つです。

利用しているのでお分かりかと思いますが、

求人サイトも転職エージェントも登録は無料です。

(※転職活動が進み過ぎていない今が登録におすすめのタイミングです)

■おすすめの転職サービスはこちら

▼転職エージェント

・厳選非公開求人20万件以上【リクルートエージェント】

私も過去に利用しており、3回目の転職活動ではリクルートエージェントを通じて内定が出た企業に転職しました。

手堅い大企業から成長中ベンチャーまで幅広い求人サポートができるのが強みです。

>>【無料で登録できます】リクルートエージェントの公式サイトはこちら

 

※すでにリクルートエージェントを利用している方におすすめのエージェントはこちら▼

 

・全求人が20代対象!大手マイナビグループ【マイナビジョブ20’s】
就職、転職領域において知らない人はいないであろうマイナビグループが運営しています。

20代に特化した転職エージェント「マイナビジョブ20’s」は転職に不慣れな層の方に対して無料での転職サポートを行うことにより転職を成功に結びつけた実績があります。

>>【無料登録】マイナビジョブ20’sの公式サイトはこちら

 

▼転職サイト

・転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

リクナビNEXTだけの限定求人が85%もあるので、今のタイミングで登録していなければ登録だけでもしておくといいでしょう。

スカウト機能を使えば、最初の登録作業以外は待ちの体制で転職活動を進められるので選考中でも比較的、負担を少なくできます。


※すでにリクナビNEXTを利用している方におすすめのサービスはこちら▼

 

・企業から届くオファーは「面接確約」のみ選考中でも使いやすい転職サービス【ミイダス】
ミイダスであれば選考中でも簡単な情報を入力しておけば企業から「面接確約」のオファーが届きます。

自分では応募を考えていなかった企業からもオファーがくるので結構、面白いです。

>>【無料・簡単に登録できる】ミイダス公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください