選考対策

「エージェントを使った転職活動の平均期間」1ヶ月、3ヶ月、半年、1年?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんな方が対象です

・転職活動準備中の方

・これから転職をしようか検討中の方

本記事は「エージェントを使った転職活動の平均期間」についてまとめています。

1.平均的な転職活動期間[1ヶ月、3ヶ月、半年、1年?]

 

主要なエージェントサービスが公表しているデータを見ると【3ヶ月から半年】くらいが平均のようです。

3ヶ月から半年の定義は「転職活動開始から転職先に入社するまでの期間」の事です。

従って、実際の転職活動期間は退職/引き継ぎ期間(1から2ヶ月)を差し引くと、1ヶ月から4ヶ月くらいになります。

引用

リクルートエージェント:3ヶ月から半年

DODA:2〜3ヶ月

ワークポート:3ヶ月から半年

この期間を見て感じたことは『まぁ、こんなもんでしょう』です。

過去3回の転職経験がありますが退職/引き継ぎ期間を加味した転職活動の平均期間は以下のとおりです。

1回目:2ヶ月半(1ヶ月半)

2回目:4ヶ月(1ヶ月半)

3回目:3ヶ月(1ヶ月)

※()の中は実質的な転職活動期間です。

実質的な転職活動期間=エージェント登録から内定承諾までの期間です。

転職活動は長期化するほど精神的、肉体的、金銭的な負担が増しますので、以下でどのように転職期間を平均的な期間で終わらせられるかを説明します。

2.転職活動を長引かせない為の事前準備

(1)転職活動期間の目安を自分で設定する

現実的なのは転職活動を始める月を含まずに”3ヶ月後”に転職先に入社すると決める事です。

ex.

8月中に転職活動を始める場合

9,10,11月が転職活動と引き継ぎ期間、12月に転職先に入社

みたいな感じです。

【詳細】

・転職エージェント複数社に連絡(初日)

・転職エージェントと面談(+4日)

・書類選考(+14日)

・1次選考(+7日)

・2次選考(+7日)

・最終選考(+7日)

・結果報告(+5日前後)

初日を含めて考えると全工程で約45日間=約1ヶ月半かかる計算になります。

(2)担当エージェントと目安となるスケジュール感の擦り合わせをする

エージェントによって転職活動を進めるスピードが異なるので、こちらから(1)の内容を共有し実現してもらうように動いてもらいましょう。

(3)働きながら転職活動をするシミュレーションをする

例えば、「1次選考は仕事が早く終わりやすい火曜日と木曜日に入れる」とか「2次選考、最終選考は半休を取得して受ける」とか事前に対応方法を考えておきましょう。

突然になって、仕事と転職活動の両方を調整しようと思っても難しいので、必ず転職活動の事前シミュレーションをしましょう。

 

3.まとめ

転職活動は時間をかけようと思えば、いくらでもかけられるものです。

しかし、転職活動期間が長くなればなるほど自分が辛くなります。

 

短期間で納得がいく転職ができるように事前準備は必ず行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください