転職の選考対策

【面接対策】中途採用の一次面接で落とされない為には?質問への回答テンプレートで対応しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんな方が対象です。

・これから一次面接を受ける方

・書類選考に受かったから面接準備をしようと考えている方

・なかなか一次面接に受からず悩んでいる方

1.一次面接とは?面接官はどの程度のレベル?何を質問されるの?

一次面接は以下の目的や面接官が行うことが多いです。

※個別面接と集団面接がありますが、今回は個別面接に絞って説明をしています。

目的 ・スキルチェック
・チーム/部門への適合度チェック
面接官 ・現場担当者
・現場責任者レベル(係長、課長レベル)
・人事担当者レベル

面接対象者が中途として採用をしても良いレベルであるか?自部門に適合するか?を主にチェックします。

一次面接の質問は「基本的な質問」「専門的な質問」「逆質問」の3つに分かれます。

(1)一次面接の質問例

①基本的な質問

一次面接のテンプレート的な質問です。

どの企業でも聞かれる事が多いので、事前に準備可能です。

・自己紹介 兼 職務経歴

・退職理由

・どのような基準で転職先を探しているか? ※転職先に求める事は?

・どのような業界と職種を受けているか?

・他社の選考状況は?

・志望動機(※あまり聞かれません)

②スキルに関する質問(職務内容や仕事のやり方など)

・得意な業務は?

・最も成果に繋がった仕事は?→仕事のプロセスを具体的に

・今までで一番の失敗は?→なぜ、失敗してどのように解決したか?

・部下育成の考え方、やり方

・組織構築方法

最後の2つはあまり聞かれませんがそれ以外の質問は大体どの面接官からも聞かれる事です。

たまに面接官が「人事だけ」の時もありますのでそのような時は相手の反応をみつつ専門用語は控えめで回答するように心がけましょう。

以上が面接官からの質問例です。

 

次に質問への返答を考えるあまり抜けてしまいがちな事をお伝えします。

 

③逆質問「何か質問はありますか?」

面接受験者の意欲、理解度、地頭を把握する為の質問ですので事前の準備は必須です。

質問を1,2問しかしないと志望度が低いとみなされるので、最低5つくらいは準備する事をおすすめします。

※私も2つくらいしか質問をしなかったら「もっとありませんか?」と質問を促されました。

2.一次面接で落ちない為の対策方法

一次面接で落ちる人の特徴は2つです。

・単純なスキル不足

・面接準備不足

前者は積み上げてきた経験や実績が無ければどうしようもないものです。

後者は短期的な準備が万全か否かで変わってくるので必ず行いましょう。

※絶対的なスキル不足であっても、万全の面接準備をしてきた受験者は意欲があるとみなされ「合格」する事もあります。

面接準備を万全にする為のStepを説明します。

(1)定番質問への「回答」をまとめる

1.の質問例①,②,③をまとめます。

こんな感じです。

【1】から【18】の箇所を事前に埋めておきます。

 

ポイントは下記の2点です。

・箇条書き

・具体的

最初に上記のテンプレートを1パターン作り、その後にテンプレートをコピーして個別企業の面接シートを作成します。

※担当のエージェントに聞けば面接を受ける企業特有の質問も教えてくれますので面接前までに必ず聞いておきましょう。

テンプレート作成する上で良くないのは例文の様に一言一句漏らさずに回答を記入してしまう事です。時間もかかりますし本番で同じ質問が来るわけではないので応用が利くように箇条書きでまとめておきます。

(2)業界/会社特有の質問への回答を準備

要は企業研究をちゃんとやっておきましょうという事です。

企業研究のやり方はこちらのページでご確認ください。

(3)志望度が低い企業の面接を最低3社受ける

(2)まで準備が出来たら、試しに志望度が低い企業を受けてみます。

何回か転職を経験している人でも久しぶりの面接は若干、緊張するものです。

志望度が低い企業を練習で3社くらい受験すると面接の流れや空気感に慣れる事ができます。

また、業界特有の質問も経験として蓄積できますので、本命企業の面接までにテンプレートをアップデートする事ができます。

3.まとめ

「一次面接」は「二次面接/最終面接」と異なり通過率が低くなります。

必ず、下記の3点は事前に準備と対策を行い面接を受験するようにしましょう。

【準備すべき事】

①基本的な質問への回答

②スキルに関する質問への回答

③「質問ありますか?=逆質問」への回答

「対策次第でスキル不足を補い、面接通過率をアップさせる事ができます」

最初は大変ですが事前準備をするだけで、スキルや実績の不足を補う事ができます。

是非ともやってみてください。

▼最終面接の対策がまだって方はこちらの記事をチェック

・半数は落ちる最終面接の対策記事

▼『面接官はどんなところを見てるんだろう?』って方はこちらの記事をチェック

・数百名の転職面接を担当した元面接官がポイントを解説

※『書類選考落ちすぎて、面接受けられる企業が少ししかない…』って方にはこちらがおすすめ▼

設問への回答と簡単な登録作業を行えば、あなたに興味がある企業から直接「面接確約」のオファーが届きます。

※利用料は無料です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください