転職サイト

リクナビネクストの職種別求人数2位「事務・管理」はどんな求人が多いの?激戦職種の内訳、年収、地域別求人数などを徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1.リクナビネクストの「事務・管理」の職種詳細

※本記事は2019年1月6日の情報をもとに作成しています。

「事務・管理」職内で上位を占めているのは、「一般事務、庶務」「営業事務、営業アシスタント」の2つでした。

本記事では上記の2つに絞って「事務・管理職」の詳細を説明します。

■職種内訳ランキング

ランク 職種内訳 求人数 比率
1 一般事務、庶務 815 27.89%
2 営業事務、営業アシスタント 400 13.69%
3 経理 310 10.61%
4 総務 286 9.79%
5 人事、給与、労務、採用 247 8.45%
6 財務、会計、税務 177 6.06%
7 受付 153 5.24%
8 その他事務関連職 141 4.83%
9 物流企画、物流管理、在庫管理、商品管理 138 4.72%
10 貿易事務、国際業務 68 2.33%
11 広報、IR 51 1.75%
12 秘書 36 1.23%
13 資材調達、購買 36 1.23%
14 法務、コンプライアンス 28 0.96%
15 知財、特許 22 0.75%
16 通関士 8 0.27%
17 内部統制、内部監査 4 0.14%
18 情報セキュリティ 2 0.07%

(1)一般事務、庶務について

一般事務、庶務の業務はデータ入力、資料作成、問い合わせ対応の3つが多いです。

※その他の専門的なスキルが必要とされる求人もありますが少数派でした。

①一般事務、庶務に必要なスキル、経験

・PC基礎スキル(エクセル、ワード、メールなど)

・日商簿記3級以上、or 2級以上

・勘定奉行など専用ソフトの使用経験

PC基礎スキルは大体どの求人にも含まれていますが、他の2つは少数派のスキル、経験です。

PC基礎スキルの中でエクセルは特に必要スキルの記述が多く、以下のレベル感で表現されています。

【レベル1】四則演算やsum,averageなど基本的な関数、グラフ化など

【レベル2】VLOOKUP,ピボットテーブルなど

【レベル3】マクロなど

レベル2以上あれば求人選択の幅が広がり、3まで出来ると重宝されるイメージです。

②完全未経験でもOKな求人も結構ある

意外と完全未経験OKな求人も多いですが、出来ればエクセル/ワードなどの基本的は使い方を修得している人が好まれるようです。

一般事務、庶務を希望されるようであれば、事前にPC基礎スキルを身につけておいた方が良いです。

次に2番目に多かった営業事務、営業アシスタントについて説明します。

(1)営業事務、営業アシスタントについて

営業事務、営業アシスタントで求められるスキル、経験と求人内容について説明します。

①営業事務に必要なスキル、経験

・PC基礎スキル(エクセル、ワード、メールなど)

・コミュニケーションスキル

・営業事務経験

1点目のPC基礎スキルは一般事務、庶務と変わりませんが営業事務特有だったのは「コミュニケーションスキル」を必要とされる求人が多かった点です。

理由は大きく分けて2つあります。

・部署間のハブとなる役割が多い

・社外(取引先や顧客)との電話、メール、対面でのコミュニケーションが多い

営業のサポート的な役割の為、交渉をクライアントと直にする事はあまりありませんが、契約前後のコミュニケーションを求められることが多いです。

だから、コミュニケーションスキルが必要とされているのです。

また、PCを使う業務は入力作業や契約書、伝票作成が事務作業の中心です。

②意外と外国語を必要とする求人も多い

営業事務の中には外国語を使用する求人も結構あります。

※言語の種類は英語が中心です。

英語を使った仕事がしたいって方は営業事務の中で仕事を探してみると良いかもしれません。

2.地域別ではどこの求人が多いの?

特段、どこの求人が多いというのはありませんでした。

ランク 地域 求人数 比率
1 関東 1,235 38.69%
2 関西 533 16.70%
3 東海 433 13.57%
4 九州・沖縄 276 8.65%
5 中国・四国 210 6.58%
6 東北 179 5.61%
8 北海道 162 5.08%
7 北信越 156 4.89%
9 海外 8 0.25%

3.事務、庶務の年収帯は?

301〜700万円と平均から平均ちょい上ぐらいの年収帯が多かったです。

調査前までは300万円前後の求人が多いのかな?と考えていたので意外な結果ではあります。

ランク 年収帯 求人数 比率
1 301〜500万円 933 53.62%
2 501〜700万円 476 27.36%
3 701〜1000万円 165 9.48%
5 〜300万円 133 7.64%
4 1,001万円〜 33 1.90%

4.まとめ

事務職は高いスキルが求められないものが多く、未経験者OKの求人が多いです。

だからこそ、求人倍率が高いので何も準備せずに選考を受けるのはオススメしません。

未経験者であっても最低限の「PC基礎スキル」を身につけてから選考に進まれることをオススメします。

・補足

求人内容を見るなかで『正直なところ事務職は今後、少なくなっていくだろうな〜』と感じました。

理由はRPAなどの代替可能なプロダクトが実務の場に増えているからです。

ずーっと事務職でやっていきたいと考えている方はRPAやプログラミングなどのスキルを身につけてリスクヘッジすることを強くオススメします。

事務職以外はどんな職種が多いのかな?と思っている方はリクナビネクスト全体について説明しているこちらの記事を参考にどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください