転職サイト

評判だけじゃわからない「ハイクラス転職サイト ビズリーチ」の中身を徹底研究!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1.ビズリーチとはどんなサイト

ハイクラス向けの転職サイトです。

ここで重要なのは「転職サイト」という部分です。

ビズリーチは専属のエージェントがついて転職をお手伝いする人材紹介サービスではなく、職務経歴書を登録して企業やヘッドハンターからのスカウトを待ったり、自分で応募したい企業をみつけて応募する転職サイトです。

※分類で言うと「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」と同カテゴリーに入ります。

転職サイトカテゴリーではありますが、ターゲットが【ハイクラス=経営者、管理職、グローバル人材、スペシャリスト】のサイトなので求人の性質が他サイトとは全く異なります。

(1)登録は無料で出来るの?

登録は無料で出来ますが、有料で入れるプレミアムプランも充実しています。

引用元:ビズリーチとは|選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】

私が以前、利用していた時(ハイクラス会員)は数ヶ月間だけプレミアム(優良)プランが無料で使えるプレミアムチケットがあったので無料でプレミアムサービスを受ける事が出来ました。

※今はプレミアムチケットが使えるかどうかはわかりませんが、1週間の無料体験があるようなのでスタンダードで登録しつつ、ある程度スカウトが届くようであればプレミアム(有料)に切り替えてみるのもありかと思います。

(2)有料会員と無料会員の違い

引用元:選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】

有料、無料どちらのプランもスカウトを受信できますが、プレミアムプランでないと通常スカウトの閲覧・返信/企業が掲載している求人への応募/ヘッドハンター保有求人への応募をすることが出来ません。

そのため、本気で転職を考えている方はプレミアムプランに登録することをおすすめします。

(3)どんな職種の求人があるか?

職種は一般的な転職サイトとあまり変わりませんが、

職種別の求人数や比率がかなり違います。

ランク上位はランク1のIT技術職、ランク2,5のコンサルタント、ランク3の経営、ランク4の営業でしたです。

特徴的なのはランク1が「IT技術職」である点です。

他のサイトでもIT技術職は上位に来ることが多いので、IT技術職というのは求人量、年収レンジ両面から見ても恵まれている珍しい職種だということがわかり驚きました。

以下が職種検索結果の求人数ランキングです。

※2018年11月29日時点データ

ランク 職種 求人数 比率
1 IT技術職 8,900 12.72%
2 コンサルタント 7,571 10.82%
3 経営 6,915 9.88%
4 営業 6,292 8.99%
5 ITコンサルタント 4,853 6.93%
6 管理 4,655 6.65%
7 プロジェクト管理 4,069 5.81%
8 マーケティング 3,499 5.00%
9 金融 3,332 4.76%
10 機械 2,957 4.23%
11 電気・電子 2,428 3.47%
12 Webサービス・制作 2,208 3.16%
13 デジタルマーケティング 1,761 2.52%
14 人事 1,534 2.19%
15 建築・土木 1,179 1.68%
16 施工管理 1,168 1.67%
17 研究・臨床開発・治験 882 1.26%
18 専門職 804 1.15%
19 不動産 760 1.09%
20 半導体 637 0.91%
21 化学 526 0.75%
22 ゲーム 480 0.69%
23 医療営業 409 0.58%
24 広告 404 0.58%
25 学術・PMS・薬事 373 0.53%
26 サービス 276 0.39%
27 素材 270 0.39%
28 生産管理・品質管理・品質保証 222 0.32%
29 医療・看護・薬剤 139 0.20%
30 食品 132 0.19%
31 デザイン 100 0.14%
32 化粧品 78 0.11%
33 テレビ・放送・映像・音響 73 0.10%
34 新聞・出版 56 0.08%
35 日用品 40 0.06%

2.ビズリーチの求人は高年収帯が多い?

ハイクラス転職サイトだけあって高年収帯の求人が非常に多いです。

【○万円から○万円】のような細かな年収帯情報はありませんが、年収1000万円の求人情報を検索すると全部で38,903件あります。

全体の求人量が102,000件なので全体の38.1%が年収1000万円以上の求人です。

※2018年11月29日時点

一般的な転職サイトと比較してみましょう。

ビズリーチ:37.9%(38,903件)

リクナビNEXT:2.86%(412件)

DODA:3.55%(4,792件)

圧倒的な高年収の求人量と比率と言えますね。

3.ビズリーチはどんな人がおすすめか?

結論、ハイクラス層におすすめです。

具体的に言うと

・年収750万円以上(現在の年収選択が初期設定で750-1,000万円になっている)

・マネジメント階層以上

4.実際に使ってみてどうだったか?スカウトの内訳は?

(1)プラチナスカウトと通常スカウトの内訳

プラチナスカウト 34.65%
通常スカウト 65.35%

(2)プラチナスカウトの内訳

企業 40.91%
ヘッドハンター 59.09%

ヘッドハンターは純粋なヘッドハンターだけでなく、なんちゃってヘッドハンター(ただの人材紹介サービス)の人もいます。

人によりけりかと思いますが私が登録していた時は、企業メッセージの内訳は急成長ベンチャー(IPO準備クラス)からのメッセージが8割、大企業クラスが2割みたいな感じでした。

結構な数のメッセージが来ますので情報の取捨選択がうまく、能動的に転職活動を進める人にはオススメできます。

私は1社1社とコミュニケーションをとるのが途中から面倒になってきたので転職エージェントに切り替えてビズリーチは使わなくなりました。

6.まとめ

ビズリーチはハイクラスの人には適切なサイトと言えるでしょうがCMだけみて一般社員が試しに登録してみようとは言え無いサイトです。

登録するのにおすすめの人(再掲)

・年収750万円以上(現在の年収選択が初期設定で750-1,000万円になっている)

・マネジメント階層以上

・意外とIT技術職にもおすすめ!

『まだ20代でマネジメント経験ない』って方にはビズリーチが提供する「キャリトレ」がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください