専門職への転職

Webデザイナー転職成功の秘訣【元マーケティングマネージャーが語る面接時に見るべきポイント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんな人は読んでください

・1〜3年前後webデザイナーとして経験を積んで転職を検討している方

・webデザイナーとしてのスキルアップを狙っている方

・webデザイナーとしてキャリアアップを狙っている方

1.転職活動を成功させる為の準備

転職活動を成功させる為に重要なのは選考対策を万全にする事です。

選考の際に見られる点は意外と少ないものです。
説明するポイントを押さえれば選考通過率を向上させることができます。

 

(1)転職理由と志望動機の整理して通過率UP

webデザイナー問わず共通する点ですが、転職理由と志望動機は必ず整理しておきましょう。

ex.転職理由

①スキルアップなのか?

(※専門スキルのUP=デザインスキルUP、関連スキルUP=コーディング、プログラミングetc…)

②キャリアアップなのか?

(デザイナーからディレクターへのキャリアアップ etc…)

③自分が好きなデザインをやりたいのか?

これは結構、厳しいかもしれませんが良くある転職理由です。

④給与UPなのか?

理由によって転職先の選び方も大きく変わってきますので前提情報としてまとめましょう。

(2)【重要】ポートフォリオを最新の情報に更新

 

良いwebデザイナーのポートフォリオは

『デザイン見本』

『制作意図』

『数字実績』

『マニュアル』

を記載しています。

 

滅多にいませんが上記4要素を記載していれば他の転職希望者とは圧倒的な差をつけることができるでしょう。

文字だけだとイメージが湧きにくいので下記イメージで説明します。

①デザイン見本だけ(もっとも多いパターン)

『こういったデザインが出来ます』ということがわかるだけのポートフォリオです。

デザインテイストが違うだけで選考通過率が下がることになるでしょう。

②デザイン見本+制作意図

『なぜ、このデザインにしたのか?』という意図が記載されているポートフォリオです。

デザインだけのものと比較して、制作背景やデザイナーの考え方まで理解出来ます。

でも、抽象度が高いのでまだ、充分とは言えません。

③デザイン見本+制作意図+数字実績

③の数字実績を加える事で一段上のステージに上がることができます。

 

デザインテイストがイマイチでも数字実績を根拠に実績をアピール出来れば選考通過率を上昇させる事ができます。

④デザイン見本+制作意図+数字実績+マニュアル化実績

一番良いのは④のタイプです。

マニュアルを作成できれば、自社内で展開できるだけでなく外部に安価で発注する事も容易になります。

④のレベルであれば8,9割の確率で内定までいくでしょう。

 

※②と③では市場価値の差がある

言い方が悪いかもしれませんがデザインしか出来ない人か?売れるデザインが出来る方か?は②と③の間にあります。

 

企業が求めるものは商業デザイン(簡単に言うと売れるデザイン)の為、ポートフォリオで商業デザインへの理解度を示しておくとポイントが高くなります。

 

まとめると下記2点を準備しておくことが重要です。

 

+++++++++

■転職理由と志望動機を明文化しておく

=職務経歴書や面接時の受け答えで一貫性が出る

+++++++++

■ポートフォリオを最新情報に更新する

※重要

=書類選考&面接の通過率を向上させます

+++++++++

 

ポートフォリオは③数字実績まで入れると評価が高くなります。

 

2.転職先の選び方【エージェント or  求人サイト】どっちを使うべき?

結論から説明するとエージェントを使うべきだと私は考えます。

※特にデザイン系に特化したエージェント

理由としては紹介企業の職務内容とデザイナー業務を熟知しているため、自分では探せない企業を見つけることが出来るからです。

 

また、キャリア設計も併せてアドバイスできるのも特化型エージェントの強みです。

 

(1)デザイナー転職に特化したエージェントまとめ

レバテックキャリア

マイナビエージェントIT

ワークポート

ギークリー

マスメディアン

3.まとめ

 

結論、【準備】【転職手法】を間違えなければ希望を叶える事ができるでしょう。

 

準備=受かるポートフォリオの作成

転職手法=特化型エージェントの活用

 

面倒くさいと思わずに万全の状態で転職活動に臨みましょう!

4.おまけ

 

【webデザイナーのキャリアアップの考え方】

スキルを深堀るよりも関連スキルを身につけた方が市場価値が上がりやすいです。

 

過去、一緒に働いたデザイナーさんでキャリアアップ、スキルアップ、年収UPしている人の特徴は関連スキルを磨いていた特徴があります。

ex

・デザイン(フォトショップ、イラストレーター)のみ

・デザイン+HTML,CSSのスキル

・デザイン+HTML,CSS+PHPのスキル

・デザイン+HTML,CSS+PHP+各種プログラミングスキル

 

こんな感じで周辺スキルを身につける方が多かったです。

1番下のクラスの方は1,000万超えるくらい稼いでましたw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください