専門職への転職

未経験からWebデザイナーに転職する方法【元面接官が教える戦略的な事前準備方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事の対象者

・全くのデザイン未経験者

・デザインを趣味でやっている方

・DTPなどデザイン経験はあるがwebデザインはやったことがない方

1.あなたはどのタイプ?未経験者でもタイプによって対策方法が異なります

①デザインソフトに触れたことがある

DTP系の職務経験あり、個人ブログ/サイト運営経験あり、webデザイン講座受講経験者、webデザイン専門学校卒業など

①の方はこちら▼

「3.選考に通りやすいポートフォリオを作成しましょう」

 

②webデザインソフトに触れた事がない

 

手書きのイラストが趣味、昔から絵を書くのが好きでwebデザイナーをやってみたい方

②の方はこのまま読み進めてください▼

 

2.webデザインソフトを触ったことがない②の方にオススメの対策方法

 

すぐに選考を受けるのは得策ではありません。ほぼ玉砕するでしょう。

 

まずはいくつかの方法を試して実力と実績を積み上げましょう。

いくつかの方法を試す前の事前準備が必要ですので、下記で説明します。

《事前準備》

フリーデザインソフトAdobeの無料体験版をインストールしましょう。

順番としては

1st:フリーデザインソフト

2nd:Adobeの無料体験版

でインストールするのがオススメです。

※理由はAdobe体験版の使用期間が7日間しかないからです。

初心者が何もわからずインストールしても慣れる前に期間が終了してしまいます。

 

①フリーソフト

windows→『GIMP』

【フリー版インストールはこちら:https://www.gimp.org/

mac→『Fire Alpaca』

【フリー版インストールはこちら:http://firealpaca.com/ja/

 

機能はイラレ・フォトショと比較して劣りますが初心者の練習には十分です。

 

※本サイトのイラストは引用を除き全てFire Alpacaで作成しています。

デザインメインのサイトではないので簡易的な作りですが、本格的なバナーやLPの

作成にも対応しています。

 

②Adobeの無料体験版

Creative Cloud は 7 日間、Acrobat は 14 日間、Elements 製品は 30 日間となっています。

企業で使用するのはほぼCreative CloudですのでCreative Cloudを選択しましょう。

Adobe:体験版に関するよくあるお問い合わせ

 

事前準備が終わったら、下記の方法で事前準備を万全にしましょう。

【方法1】クラウドソーシングでデザイン案件を受注

ランサーズやクラウドワークスなどweb上でデザインの仕事を受注できるサービスがあるので片っ端から受注しましょう。

良いのはコンペ形式のバナー作成業務

コンペ形式なので自由にエントリーが出来、且つ期限もあるので仕事感覚を身につけることが出来ます。

コンペで選ばれるようになれば『実力が付いた!』と自分でわかるでしょう。

【方法2】好きなwebデザインやバナーデザインを模倣

 

自分がやりたいデザインに近いweb上のデザインを探してひたすら模倣します。

 

初めての人は『オリジナルを作らなければだめだ!』という考えに陥りがちですが、最速の成長方法は『模倣・コピー』です。

 

※webデザイナーが上司から依頼を受けるときにありがちなのが『こんな感じのイメージで作って』というものなので、好き嫌い関係なく色々と作ってみるとさらにスキルが上がるでしょう。

【方法3】転職サイトのサービスや職業訓練を利用

 

少し時間はかかりますがプロの力を借りて未経験転職を成功させる方法もあります。

①無料講座の受講

 

『Webist』

引用元:https://www.creativevillage.ne.jp/webist/lp/n1/b1.html

 

web系・広告系専門お仕事に特化した『Webist』では無料登録すると各種セミナー・講座を無料で受講できます。

 

・Web/広告/出版業課で著名な方を招いた各種イベント

・スキルアップ・キャリアアップのための勉強会や講座

・転職のための中途採用説明会や転職セミナー

※一部、有料講座もあり

②有料サービス活用

・教室受講型

winスクール

年間3,000人以上のクリエイターを「個人レッスン」で育成

・オンライン学習型

TECH ACADEMY

現役デザイナーのパーソナルメンターがつくWebデザインのブートキャンプ

 

③職業訓練

 

一例ですが東京都産業労働局から下記のような情報が掲載されています。

科目案内 | 都立職業能力開発センター | TOKYOはたらくネット

訓練実施予定 | 民間教育機関での職業訓練 | TOKYOはたらくネット

離職者等再就職訓練:受講生募集のご案内

 

基本的なパソコンスキルがあり離職中であれば受講できる内容です。

受講料は無料(※教科書代、健康診断料等のみ自己負担)で3ヶ月間の訓練を受けたのち再就職を行うというものです。

再就職を保証されている訳ではありませんが、専門的なスキルを身につけ且つ就職支援も受けられるので未経験から希望職種に転職できる可能性は高まるでしょう。

 

※私が採用担当者を兼任していた時に職業訓練校出身者を2名、未経験で採用しました。

 

やはり実務経験がないので、最初は業務につまづきますが、働きながら真面目に頑張ってくれたので3ヶ月くらいで戦力になっていました

3.選考に通りやすいポートフォリオを作成しましょう

(1)ポイントは制作スピード

未経験者に求めるのは正確性スピードの2点くらいです。

ざっくり言うと

『どれだけ早く指定のデザインを作成できるか?』重要になります。

ex.
・バナー制作スピード
・LP A4/1枚サイズの作成スピード

作成スピードはいくつかのケースに分けて記載しましょう

①イメージだけ伝えられて作成するケース
②ラフ作成済み(ワイヤーフレームあり)ケース
③ラフ+素材写真/イラスト準備済みケース

①〜③の所要時間をポートフォリオ内に記載できると評価が高くなるでしょう。

 

⑵作成例

 

4.未経験者が選ぶべき転職サービス

3.までの準備ができれば格段に選考通過率を向上させることができます。

次はwebデザイナーの転職支援に特化したサービスに登録しましょう。

 

・Weblist
・Green
・ワークポート
・ギークリー

・Find  Job!

・Poole

やはりプロに任せた方が負担もかからずやりやすいです。

 

※雇用形態※

正社員にこだわると選択肢が狭くなりがちなので、紹介予定なども検討してみるといいでしょう。

5.まとめ

未経験からでも戦略的に準備すれば転職できます。

でも相応の準備が必要なので準備万端の状態で転職を成功させましょう!

 

余談ですが就職できたとしても出来なかったとしてもそれなりのスキルがあればweb上で仕事を受注できるので副業、結婚後の暇つぶしでも稼げる点が良いところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください