コラム

【20代】新社会人+営業マンのスーツの選び方| おすすめは格安のセミオーダースーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事の対象者

・新社会人でスーツが必須

・ちょっとお堅い業界で勤務

・20代の営業マン

本記事では大手紳士服専門店のスーツ価格と同水準、若しくは少し安く『仕事が出来そうに見えるスーツ』を選ぶ方法を紹介します。

1.スーツ選びの最重要事項は【サイズ感】!

結論、スーツ選びで一番重要なのは

サイズ感」です。

高いスーツを買っても、サイズが間違っているだけでダサく見えます。

新社会人は大手紳士服専門店の『吊るし』を買っている為に結果的にサイズ感が微妙にズレてダサく見えてしまうのです。

2.解決策はセミオーダースーツ(価格帯 20,000〜30,000円前後)

 

サイズ感がずれるのを解決する方法は「セミオーダースーツ」を買う事です。

※新人の内は格安セミオーダーで十分

(価格帯 20,000〜30,000円前後)

一般的なオーダースーツだと平均価格帯50,000〜200,000円するので新社会人には手が届きません。

 

しかし、セミオーダー・パターンオーダーという種類のスーツであれば価格帯 20,000〜30,000円で適切なスーツを購入する事ができます。

 

◆作るときの注意点!

 

恥ずかしがらずに最低価格で作る事です。

 

セミオーダー、パターンオーダーを作る時はほぼアップセルされるので、その点は注意しましょう。

 

最低価格29,800円でもオプションをつけると40,000〜50,000円になってしまいます。

 

3.オーダースーツの価格の決まり方

 

①生地

②ボタン

③縫い方・製法

④パンツ数

⑤ベストの有無

 

によって価格が変動するのが一般的です。

①の生地を選んでから、②から⑤までを決定するのが一般的な流れです。

 

4.デザインで気をつけること

 

お堅めの職場であればダークグレー、ネイビーがベター、ストライプは濃淡が近いモノ、幅が狭いモノがベターです。

 

※金融機関や年長者の多い職場

 

ゆるめの職場であればジャケットをオーダーしてパンツを複数購入すればジャケパンスタイルで効率的に回すことが出来ます。

 

5.スーツの生地は妥協する

オーダースーツ選びで妥協すべき点は生地です。

 

生地の良し悪しで初期価格が数万単位で変動します。

 

また、高い生地のスーツを1着買うよりも、安い生地のスーツを2着買う方が長持ちするので経済的です。

 

6.最低3着は買おう(夏のボーナスで揃えるのがベター)

毎日、着るものですので出来れば5着揃えたいところですが先ずは3着揃えるのをオススメします。

 

新社会人でありがちなのが1,2着を着回す事。

 

スーツをはじめとしたビジネスツールは消耗品です。

その為、酷使すればするほど消耗が早くなります。

 

だから、最低3着は最初に購入する事をオススメするのです。

7.Yシャツもセミオーダーで作る

出来ればYシャツもセミオーダーで作りましょう。

 

Yシャツも既製品だと『首まわり』『袖丈』『胴まわり』が合わずにダサくなります。

 

イメージは『なんかだぼっとしてるな』ってやつです。

 

 

Yシャツもフルオーダーだと数万円かかりますがセミオーダー・パターンオーダーだと3千円前後で購入する事が出来ます。

 

ex.

・UNIQLOのオーダーシャツ

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/semiordermadeshirts/men/

 

・ダンカンのオーダーシャツ

http://dankan.co.jp/order_suit/order-shirts/

 

最近は簡易的なオーダーに参入する業者も増えてきたので手軽に試してみましょう。

 

順番としては

初回は店舗で購入。

※正しいサイズを測ってもらえるので!

2回目以降は初回データを基にネットで注文

という流れが良いでしょう。

ZOZO Suitでサイズを測るのも一つの手段です。

 

8.靴はグッドイヤーウェルト製法だと長持ち

新社会人にはキツイかもしれませんが、社会人1年目で靴を揃えておくとコストパフォーマンスの面で後々、得をする事になります。

 

◆最低3足、難しければ2足+格安靴1足でローテ
◆1年間で5足がベスト。2、3年目から遊びを取り入れよう

 

靴は手入れを怠らなければ20年持ちます。

 

保たせる為に重要なのは下記2点

 

①製法→グッドイヤーウェルト

②日々の手入れ

 

詳しいことは別のページで説明しますが、①、②を間違えなければ良い靴を長く履くことができます。

 

9.まとめ

新社会人が1年間で揃えるべきビジネスグッズ

◆パターン or セミオーダースーツ  3〜5着

◆パターン or セミオーダーワイシャツ  5着

◆グッドイヤーウェルト製法の靴  3〜5足

 

スーツをはじめとしたビジネスツールは身だしなみを整え、好印象を抱かせる為の重要点です。

 

短期的にお金はかかりますが本記事に記載されている方法を試すと5から10年スパンでは経済的になります。

 

是非ともセミオーダースーツをはじめとしたビジネスグッズを揃えて、できる社会人の仲間入りをしましょう。※まずは見た目から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください