転職エージェント

for Startups(旧:NET jinzai bank)エージェント面談体験談『評判はいくつかあるけどわからない…』って方必見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな方が対象です。

・for Startupsから連絡が来た方

・for Startupsの利用を検討中

1.for Startups(旧:NET jinzai bank)の転職サービスとは

国内の有力スタートアップ企業/ベンチャー企業を中心にCxOなどの役員やマネジメント階層の転職支援を行っています。

私はビズリーチに登録している時にNET jinzai bankから「お会いしませんか?」という連絡がきました。

2.面談はこんな感じ

面談は普通のカフェで待ち合わせ。

担当者と秘書らしき人がトコトコと歩いてきました。

第一印象は『”どやっ”てて仕事出来ますオーラ醸し出してる人きたなー』って感じ。

流れは普通のエージェント面談と変わらず

・エージェントの自己紹介

・簡単な職務経歴ヒアリング

・退職/転職理由ヒアリング

・転職希望のヒアリング

・こんな感じの求人紹介出来ますよって感じの軽い求人紹介

という流れでした。

 

時間は大体60分くらいで『それじゃあ希望に合った求人を探して連絡しますね。facebookのメッセンジャーが楽なんで、今後の連絡はメッセンジャーでしましょう』っていう軽い感じで終わりました。

3.どんな会社を紹介してくれるか?

一言で言うと「成長性の高い企業」紹介してくれます。

 

例えば、

・IoT、AR/VR、FinTechなど今後、更なる発展が期待できる事業に取り組んでいる会社

・VCから成長を見込まれ多額の出費を受けた会社

・継続的に成長し続けているメガベンチャー

などなど

 

「本当の成長企業」を紹介してくれるので、他のエージェントとは一線を画すと言えます。

 

それではどのような人に合うかを次に説明します。

4.for Startupsに合う人、合わない人

(1)合う人

「仕事が出来て成長の為にハードワークもいとわない人」

「上昇志向が強い人」

「今、役員やマネージャーをやっており、成長分野に新たにチャレンジしたい人」

(2)合わない人

その反面、こんな人は合わないです。

「安定志向の人」

「ワークライフバランス重視で仕事は二の次の人」

「なんちゃってマネージャーレベルの人」

自分が合う人に該当するのであれば最高のエージェントです。

その反面、合わない人に該当するなら利用は避けた方がいいでしょう。

 

5.まとめ

エッジが効いている会社なので合う合わないは極端に分かれると思います。

 

『自分は合うタイプだな!』と思ったら是非とも利用してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください