転職エージェント

コンサルタントから選ぶ転職エージェント【アールストーン編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1.組織構成

2018年5月時点で従業員が38名(※会社概要ページ記載)、サイト上で紹介されているコンサルタントは20名。

小規模ではありますが全体の50%以上は求職者の相談に乗るコンサルタントという組織構成です。

2.コンサルタント分析

(1)得意領域の分析

各コンサルタントの得意領域を抽出して件数が多い順に並べました。

全27領域に分かれており「SI領域」「エンジニア」「インフラ」がTOP3を占めています。

No 得意領域分類 件数 比率
1 SI領域 9 11.54%
2 エンジニア 9 11.54%
3 インフラ 7 8.97%
4 PL/PM/コンサル 5 6.41%
5 webディレクター 4 5.13%
6 webデザイナー 4 5.13%
7 セールス 4 5.13%
8 Tech領域 3 3.85%
9 webマーケ 3 3.85%
10 コンサル 3 3.85%
11 ミドルクラス 3 3.85%
12 自社サービス 3 3.85%
13 成長start-up 3 3.85%
14 ゲームエンジニア 2 2.56%
15 ゲームクリエイター 2 2.56%
16 ゲーム領域企画職 2 2.56%
17 大手受託 2 2.56%
18 AI(人工知能) 1 1.28%
19 ゲーム業界 1 1.28%
20 ゲーム領域運営職 1 1.28%
21 ネイティブ開発 1 1.28%
22 広告 1 1.28%
23 広告メディア 1 1.28%
24 女性向けメディア 1 1.28%
25 上流工程 1 1.28%
26 大手プロダクション 1 1.28%
27 通信 1 1.28%

 

(2)その他分類

性別 人数 比率
男性 13 65.00%
女性 7 35.00%

 

男性の方が多いですが、女性も3人に1人の割合でいるので男女問わず相談できるエージェントと言えるでしょう。

3.独断おすすめコンサルタント

独断でアールストーンならではのコンサルタントをおすすめします!

(1)前田幸志氏

【得意領域】

「ゲームエンジニア」

「ゲームクリエイター」

「ゲーム領域運営職」

「ゲーム領域企画職」

なぜ選んだか?というと理由は2つあります。

①得意領域に全て「ゲーム」が該当

②プライベートでスマホゲーム開発を行っている

4領域ともゲームに特化しており、且つプライベートでスマホゲーム開発まで行っているかなりレアなコンサルタントと言えます。

専門スキルに特化していたり、特定業界に特化している人はいますが、「専門スキル特化、且つ特定業界に特化」のコンサルタントは非常に少ないのでゲーム業界志望の方は相談することをおすすめします。

(2)村松美知子氏

【得意領域】

「ゲームエンジニア」

「ゲームクリエイター」

「ゲーム領域企画職」

前田氏ほど特化はしておりませんが、「私生活でコンシューマー、ネイティブアプリ、ブラウザゲーム」など幅広いジャンルのゲームをプレイしつつ、ゲーム業界を得意としているコンサルタントという立ち位置です。

サービスの理解度が高くないと求人内容の深堀ができないので、その点でゲーム業界という特化した知見を持っている村松氏は信頼に値するコンサルタントと言えるでしょう。

4.まとめ

以上のことからこんな方にアールストーンはおすすめです。

・「SI領域」「エンジニア」「インフラ」の求人を探している方

・ゲーム業界に特化して求人を探している方

特化系のコンサルタントは中々、出会えないので上記に該当する方は相談してみることをおすすめします。

※私のアールストーン体験談はこちら※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください